戻る
演奏のプログラムについて

 楽器の演奏は、プログラム言語javascriptで行っています。演奏(音楽)とは関係のない話題になりますが、書き留めて置きます。
 とりあえず、演奏できればと思っていましたが、不都合な箇所の見直しをはじめました。


キーの区別
 キーボードを押した時、どのキーが押されたかは、e.keyCodeで取得していましたが、ブラウザ間の互換性がなかったので、2種類のプログラムで対応していました。現在では、e.keyCodeは非推薦になり、event.keyevent.codeが推薦されています。event.keyでは、各キーに割り当てられている文字、数字、記号、"Shift"、"Control"が出ます。でも、¥|\_キーでは、同じ記号の¥が出ます。event.codeでは、異なるコードが返ってきますので、こちらを使って、ピアノを弾くことにします。(2021/02/17)

 event.codeでは、左右のShiftキーと左右のControlキーがそれぞれ区別されます。キーコードとキーボードのことについては、英語のページですが、次のサイトを見て下さい。☛☛☛

 次の枠内をクリックして、キーを押すとコードが表示されます。


参照サイト
WEB Piano – HTML5 Audioでピアノを作る (最初、このサイトでevent.keyを知りました。)
KeyboardEvent.key。詳細はこのサイトを見て下さい。
KeyboardEvent.code。詳細はこのサイトを見て下さい。
JavaScriptのキーボードイベント、キー判定にどれつかう?
キーボードのことについては、このサイトを参照して下さい。


Firefoxへの対応
 firefoxでは、を押すと画面左下に検索欄が出て、演奏が中断します。対処方法が分からずにいたのですが、2020年10月半ば頃に、event.preventDefault();で、対処できることが分かり、対応しました。(2021/02/17)

関連サイト
Event.preventDefault()

コメント


このページの訪問者数

(Since Feb/17/2021)


(2021年2月17日掲載。2021年2月19日更新)
コメントやメール
(匿名可)
(c) Copyright MiKe All rights reserved.