カルガモの瞬膜(第三の瞼)

2020年6月26日。採餌中のカルガモの母親の瞬膜(第三の瞼)を高速度撮影動画。画質は落ちますが、画像を拡大し、スローで再生です。原画を利用すれば、膜の開閉時間が測定できそうです。これは、今後の課題です。

カルガモファミリー、休憩のタイミングと場所

2020年5月31日お昼近く、岡本団地近く。カルガモのママは一休みしようと岸に上がりますが、雛達は食事に夢中です。ママは、仕方なく、川に戻ります。雛達がお腹が一杯になると休憩の場所を探し回ります。カルガモのお兄ちゃん、お姉ちゃんやカメが休んでいる近くに、カルガモの雛達は休憩の場所を見つけました。
この家族は、5月30日にはじめて見ました。6月1日~6日は、発見できず。6月7日に岡本団地近くで見ました。1週間で随分、大きくなっていました。8日朝、探しに行きましたが、見つけることは出来ませんでした。

カルガモの寝床が水没

2020年5月18日夕方。霧雨。カルガモの雛達は早めに寝床に就く。ママの羽の表面には雫が溜まって来る。橋の下に寝ることのできる場所はあるが、イタチに襲われる可能性があるので、雨に濡れながらでもここで二夜目を過ごすようだ。夜は雨の予報。増水して、寝床が浸水しなければよいが。

カルガモの雛12匹

5月16日7:10、越生(おごせ)大橋の下流に12匹のカルガモの雛達がいた。昨日生まれたか?雨が降り出す10:32まで撮影。以下の画像は、同一の場所で撮影しました。

1.沢山、雛達がいる。何匹いるかな。

2.右側にパパがいます。 雛達とは、距離を置いています。時折、雛達の様子を見に来ます。

カルガモファミリー

3.時折移動します。

4.急な落差の箇所は避けます。

5.食べ物は至る所にあります。

6.少し流されながらも流れを横切ります。

7.移動しながら、食べ物を採っています。石に生えている藻などを採っています。

8.急流。必死に上ります。

動画の編集が間に合わないので取り急ぎ、画像で掲載です。

カルガモのでんぐり返し

2020年1月23日午後、新長流(おさる)川橋。カルガモ達がしきりにでんぐり返しをしていました。オオハクチョウも毛繕いをしていました。BGMは自作しました。

半回転して、横転して元の体勢に戻っています。何のためにでんぐり返しをしているのか分かりませんが、最初体を沈ませる時、頭を背中の方に反らせています。このことにより、1回転するのが妨げられているのかも知れません。なお、でんぐり返しは、オオハクチョウでも見られます。後日、関連動画を公開予定です。
おっぺ川でも、カルガモがでんぐり返しをしているのを見たことはあるとは思うのですが、動画に撮ったか分かりません。
BGMは、楽譜を書いて自作しました。
楽譜のpdfファイルです。 score-karugamo-den