注目

他のコンテンツの紹介

The English page is here.
ブログ
オオハクチョウ
かわじまのコハクチョウ
カルガモ
笠山(おっぱい山)
日の出
左右対称な感じ(漢字)
ブラウザピアノ:PCでピアノが弾けるよ。
~☆~ 天国の音を奏でる楽器 ~☆~ チェレスタ
色見本
midi-perl(perlで楽譜を作る)
GMドラム一覧
youtubeの投稿動画一覧

カイツブリの孵化シーン

産卵 ⇒ 卵に割れ目が入る ⇒ 孵化と一連の孵化シーンをはじめて見ることができました。
8月5、6,7日と1個づつ産卵し、8月27、28、29日と無事に孵化。27日は、朝7:00~8:15頃まで観察。孵化は見られず。夕方17時過ぎに1羽生まれていたのを確認しました。
翌28日7:40頃、卵に割れ目が入り,751頃親鳥が卵膜を破り、殻が開き、雛が孵化した。

カイツブリは卵を産むと直ぐに卵を温め始めます。卵を1日に1個、数日間産みます。それで日に一個ずつ孵化しています。
カルガモやツバメは、卵が溜まってから一斉に卵を温め始めるようです。 カルガモの孵化の現場は見たことがありませんが、 カルガモは皆同じ日に孵化していますね。

カルガモの濾し取り採餌

カルガモがコンクリートの上に生えた藻をかき採り、口の中で藻だけを濾し取っていました。その時、嘴の両側から水があふれ出ていました。カモ科の鳥達は巧妙な仕組みを持っています。白鳥でその仕組みが分かります。⇒ http://wakatsuk.blog68.fc2.com/blog-entry-94.html

水中で採餌している時も濾し取り採餌をしているのでしょう。

干ぴょうの手作り

2020年から夕顔を作りはじめました。駐車場に棚を作り、そこに這わせています。実がこれ程大きくなると想像もしませんでした。

どうやって干ぴょうにするか、youtubeで見ました。台所で切ると手元が暗いので外で切りました。大きいので一定の幅に輪切りにするのも大変。

剥くのは難しい。干ぴょうカンナがあり、芯の部分を取り除いて、内側から、削るのが一様の厚さに切れるようだが、カンナが品切れだった。一定の幅に剥くことができず、後から厚い箇所をそぎ落としました。 菜切り包丁を使うと薄く剥きやすいかもしれません。

夏のカンカン照りの日であれば、2~3日で干ぴょうになります。

干し終えたら、ジィパー式のポリ袋に入れ、乾燥剤を加えて、出来るだけ空気を抜いてから、袋を密閉します。 小分けにして 保存しておくといいと思います。袋に詰める作業は、干し終えたら、間を置かずに済ませて下さい。間を置くと干ぴょうが湿気を吸います。

干ぴょうは、おせち料理で昆布巻きに使っています。

干ぴょうを作った時の動画です。

わたの部分も食べます。種があり、全部取り除くのは面倒です。

英語版blogでのコメント

アムハラ語:የቅርብ ጊዜ የድር ዜና በእውነተኛ ጊዜ
ジョウジア語:უახლესი ვებ – ამბები რეალურ დროში
ラトビア語:Jaunākās tīmekļa ziņas reāllaikā

意味は、「リアルタイムの最新のウェブニュース」
これまでに、3つの言語で書き込みがありました。

閲覧は、firefoxまたはoperaで。Microsoft edgeとgoogle chromeでは、スペースキーでスクロースします。

長夕顔の実

 7月24日には、長さ44㎝だった。25日に47、26日に49、51、53、29日には55㎝になりました。太さも日に1㎝づつ太くなっています。まだまだ大きくなりそうです。左側にある小さいのは、萎縮してしまいそう。これでも、熟していません。

カワウの水浴びと水面を走るカイツブリ

激しく水を叩く音が聞こえだした。音がする方を見るとカワウが水浴びをしていた。何度も繰り返し、水浴びをしている。羽ばたきも力強かった。水浴びを終える頃に、カイツブリが水面を駆け抜けました。6月28日撮影。

盛夏

今年も長夕顔の実が大きくなりました。長さ44センチ、径は13センチ。まだまだ、大きくなります。8月10日頃には熟すと思います。

長夕顔の実

この他に、収穫時期の実が1個あり、近日中に干瓢にします。次の画像は、昨年作った干瓢です。紐みたいですが、昆布巻きには使えました。

 

家庭菜園で三尺ササゲを作っています。鞘を食べますが、食べきれない分は、豆にしています。

 

梅の土用干し。7キロの梅を5%の塩(350g)で漬けました。干した後は、梅酢に戻して、保存します。梅干しではなく、梅酢漬けです。

イカルチドリの雛達

河原の葦が取り除かれ、石ころが目立つようになりました。チドリが産卵するだろうと注目していました。やっと、イカルチドリの雛を見つけることができました。最近、使いだしたデジタルズーム、威力がありますね。毛呂山町のおっぺ川の河原。2021年6月16,18日に撮影。

お腹が空いた:桑の実が食べられないカルガモの雛達

大雨で大谷木川が増水。カルガモの雛達は、採餌できる食べ物が少なくなり、お腹が空いています。そばに桑の木があり、ママはお腹一杯、桑の実を食べていますが、雛は桑の実を拾うことはできましたが、摂食できませんでした。雛は、くちばしで実をつついて、小さくしてから食べることはしません。ママは繰り返し、桑の木のそばに来ます。多分、沢山、桑の実が落ちているからでしょう。カルガモの雛は、親と同じものを食べていると言われているが例外があることが確認できました。BGMは自作です。2019年6月10日日撮影。

https://youtu.be/WIm04MV2PdU