カイツブリが雛をおんぶして潜水

人づてに、カイツブリが雛をおんぶって潜ると聞いたことがあります。実際に見たのは、この時が初めてです。
パパにおんぶされて潜水した雛は、その後、ママに戻されていました。子守はママの役目と言わんばかりでしょうか。
その他にも、ここでの様子は、興味深いことがあります。次です。
1.雛は親の羽の下に潜り込んだままだと潜水できた。
潜水できた理由として、次の2つが考えられる。
1) 推測の域を出ませんが、潜水時、親の羽の下は気密状態。2) 雛自体、潜水に耐えられる。
2.雛の体が親の羽の外に出ていると潜水できなかった。
潜水できなかった理由としては、
1) 息苦しくなって、浮いてきた。2) 体の浮力で浮き上がった。
3.雌雄間に育児の役割分担がある。

他の可能性も考えられますが、とりあえず挙げておきます。このことに関連するコメントを頂ければ、幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA