狭山湖のカンムリカイツブリ

抜粋です。
狭山湖で沢山のカンムリカイツブリが越冬していることを知り、12月17日に見に行きました。ダムサイトに着いたのが12:50。お目当ての カンムリカイツブリ は広い湖にちらほら、数羽見えるだけ。他の カンムリカイツブリ 達はどこで休んでいるのだろうか。

午前中は湖の中心部にいたとカメラマンの方から教えて頂いた。 出てくるまで待つしかない。残っているカンムリカイツブリは、左の方に移動している。
取水塔辺りにちらほら 、カンムリカイツブリが見えだしたので、右岸の四阿付近に移動した。

14:42頃、取水塔辺りにちらほらカンムリカイツブリが現れ出した。右側に移動している。後続を待っている感じだ。

画像-1
画像-2

カメラを徐々に左に振っていくと本隊が現れた。大群だ。

画像-3
画像-4
画像-5
画像-6

ここら辺り(画像-6)が、最後尾のようだ。映像を見ながら、先頭から、ザっと数えてみたら、190羽いました。

画像-7

カンムリカイツブリの群れは、途絶えたようだ(画像-7)。

驚いたことに、もう一グループが現れた。

画像-8
画像-9

画像-10

真ん中で細長く光り輝いているところ(画像-10)にカンムリカイツブリの一団がいます。ザっと数ええたところ150羽いました。 撮影していない鳥がありますが、 全部で400羽弱いそうです。

カンムリカイツブリが魚を捕らえたシーン。

湖の中心部に移動した2つの群れが、合流したのではないかと思えるシーンがありましたが、確認は取れませんでした。
16:00近くになり、暗くなってきたので、撮影終了。

動画です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA



Translate »